保育士の求人について

全国的な保育施設の増加に伴い、保育士の求人は増えています。しかし保育士といってもその勤務形態は1つではなく、給与面でも差があります。

事前にしっかり労働条件を確認しておくことが大切です。


特に都心部では慢性的に保育士が不足しているため、かしこく情報を集めればいい条件で仕事を探すことができるでしょう。



求人情報でまず重要なのが勤務形態です。
保育士にも正職員とパート職員がいて、その仕事内容も様々です。パート職員は朝のバス送迎の時間だけ、放課後の時間だけというような短時間勤務で、主婦やダブルワークをしたい人に向いています。
保育施設によっては年中無休だったり、深夜まで子どもを預かるところもあります。自分の働きやすい施設を見極めることが大切です。


また公立をはじめ、一般的に保育園は福利厚生が充実しているといわれています。

しかし小規模施設では諸手当や賞与がないところもあるので注意が必要です。
保育園での勤務を希望する場合、公立保育園の求人は各自治体の新卒者採用の一部として募集・採用試験が行われています。

公立は希望者が多く競争倍率が高いので早めに採用試験対策をする必要があります。
私立保育園や民間の託児施設の場合も新卒者採用の時期に多く職員募集を出します。

保育士養成課程の学校を卒業する場合は学校に多くの求人が集まるので情報を得やすいでしょう。

保育士の求人に関する情報満載のサイトです。

新卒採用以外の時期に人手不足などで募集する場合には、ホームページや新聞などに求人広告を出す園が多いようです。

保育士の求人の情報を探すならこちらです。